main  << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

顔晴る
 …これ「がんばる」って読むらしいです。

これを知った時、
なんてナイスな当て字なんだ!と感激してしまいました。

先週、高校時代の演劇部の先輩が開催されるワークショップに
ちょこっとお邪魔させてもらったんです。
その方は今はコーチングの仕事をされていて、
ワークショップのお礼のメールをしたら返信文にこの文字があったのです。

実は、ボクが師事する殺陣(立ち回り)の先生がおっしゃる事の中に
「体をうまく使うには力を抜くことが大事で頑張っちゃいけないんだよね。
 ホントにがんばるというのは“頑なに張る”ことじゃないんだよね」
というのがあるんです。
ボクはそれを30歳くらいの時に教わり、
以来物事の捉え方や考え方がずいぶんと変わりました。
けれど、日常的にはやはり、人を励ましたり、自分に喝を入れる時は
「がんばる」という言葉を使わねばなりません。
なにかうまい言い方や言葉がないかなと思っていた時に、
この「顔晴る」という文字が飛び込んできて、
コレだ!コレコレ!と思ったのです。
頑固に意地を張るがんばるより、
顔が晴れ晴れするがんばるの方が気持ちがいいですもんね、やっぱり。
そんなわけで、
これからはこの「顔晴る」を使わせていただきたいと思います。

皆さんもぜひ顔晴ってください。
ボクも顔晴ります!

スポンサーサイト

Entry

Archives

Category

Link

Search

Profile

Feed

Others

Sponsored Links

Mobile