main  << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

劇作家と脚本家は似て異なるもの
劇作家と脚本家。
お話を書くという意味では同じ仕事だけど、
両方の仕事を経験すると、そのスタンスに違いがあることがよくわかる。

両方やってみて一番思うことは、
劇作家は「個人作業」、脚本は「共同作業」ということ。

台本を書く作業自体は劇作家も脚本家もどちらも個人作業なのだけど、
脚本はプロデューサーや監督、スポンサーなどの意向が大きく影響するし、
世界観や設定、登場人物などが前もって決まっている場合も多く、
また台本を直す段階でも各方面から様々な修正や変更を求められるので、
脚本家が物語や世界観を一人で作っているとはちょっと言いがたい。
(監督やプロデューサーを兼ねている脚本家は別かもだけど)

劇作家もプロデュース公演などでは当然色々な注文はあるのだけど、
台本内容に関しては劇作家にお任せな場合がほとんどで、
劇作家の個性やスタイルが作品内容そのものとなることが圧倒的に多い。
(演出を兼ねている劇作家が多いせいもあるかも)
だからなのだろうか。
演劇の脚本家が作家(劇作家)と呼ばれることに妙に納得してしまう。

そんな違いがあるせいなのか、
才能のある劇作家でも脚本家にはなりたくない、
もしくは脚本の道に足を踏み入れたが嫌になって劇作家一本にしぼった、
という先輩や後輩もけっこういる。
僕はそれほど「共同作業」に抵抗感はなかったけれど、
知らないところで台本が大きく書き変えられ、
しかもそれが自分が書いたことのようになっていて、
ウ〜ン…な気分になったことは何度かある。

例えば、仮面ライダー響鬼の脚本を担当した時、
ミュージカル調のシーンが知らないあいだに加筆されていて、
「演劇畑の人間が書くとこうなるのか。ふざけてる」
みたいな感想を見た時は本当にイヤだった(笑)。
今回のウィザードもベルトの音(声?)がおもしろいので、
「あれはきだのアイデアか?」と知り合いからメールが来たのだけど、
当然あれはベルトに元から設定された音声で僕が考えたものじゃないし。

舞台でコメディ作品を多く作ってきたせいか、
どうもおもしろキテレツ人間だと思われてるフシがあるのだけど(苦笑)、
舞台の作品は演劇表現や出演者の特性にあわせて
コメディというスタイルをとっているだけであって、
仮面ライダーをコメディにしたいとは全く思っていないので、
そういうところをきだっぽいと言われるとちょいと困ってしまう。

と、こんなことをズラズラ書いていると、
脚本仕事で色々ストレスたまってるんだなあと思われそうだけど、
今関わっているウィザードの仕事は楽しくやっているので御安心を。
もちろん「共同作業」としての苦労は当然あるけれど、
今回のプロデューサーの仕事の進め方は好感が持てるし、
ジャッジする方向性もナルホドと思うところがいっぱいあるので。

脚本だけを担当する作品は、
目に見えてきだっぽいと感じるところが実はきだアイデアではなく、
意外なところにきだアイデアが潜んでいることが多いので、
ファンの皆さんには隠れたきだテイスト探しを楽しんでいただければなと。
僕自身もウィザードを見ながら
意外なところに自分っぽさを発見してびっくりするので。

ウィザード第1話は視聴率がよかったとのこと(嬉!)。
第1話を御覧になって楽しかった方は、
このあとも引き続き応援よろしくお願いします m( _ _ )m


スポンサーサイト

Entry

Archives

Category

Link

Search

Profile

Feed

Others

Sponsored Links

Mobile