main  << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

仮面ライダーウィザード 終了
昨日、脚本家として参加した
「仮面ライダーウィザード」が最終回を迎えました。
応援して下さった皆さん、
本当にありがとうございました m(_ _)m

絵本作家、演出家、脚本家、俳優…
様々な肩書きを持つ自分ですが、
脚本家としての未熟を改めて痛感した現場でもあり、
脚本家としての自分を色々考えるよい機会になりました。

この仕事をいただいた時、
すでに決まっている仕事がいくつかあり、
スケジュール的に御迷惑をかける事はわかっていたのですが、
それにも関わらず自分を起用して下さり、
物語としての実質最終回である51話まで完走させてくれた
プロデューサーの采配には本当に感謝しています m(_ _)m

また、粋なはならいで51話に特別出演させていただき、
念願の一つであった、仮面ライダーに「出る」という夢か叶い、
さらにメモリアルな作品になりました。

このあと仮面ライダーに関わる機会があるかわかりませんが、
もし関わることがあるのであれば、
仮面ライダーを「書く」、仮面ライダーに「出る」
という夢に続き、今度は…

仮面ライダーを「撮る」!

仮面ライダーに「なる」!

…という夢が叶うといいなあと密かに思っています。
ここに書いた時点ですでに密かでもなんでもなく(笑)、
イイ歳こいて何を夢見てんだってカンジで恥ずかしいんですが、
ウィザード風に言うならば、それが僕の最後の希望です。

ウィザードに込めた「今を受け入れ前に進む」というテーマは、
震災後の日本に向けてのエールのつもりでもありました。
自分の書いた物語がもしも誰かの力になれる事があったのなら、
これほど嬉しいことはありません。

仮面ライダーウィザードという作品に関わり本当に勉強になりました。
キャスト・スタッフの皆さん、
そして番組を応援して下さった全ての皆さん、
本当に、本当に、ありがとうございました!!

スポンサーサイト

Entry

Archives

Category

Link

Search

Profile

Feed

Others

Sponsored Links

Mobile