main  << >>
「ルパン三世 カリオストロの城」リバイバル上映
 
…を観た。

好きな映画ベスト1のこの作品。
実は、映画館で観るのはこれが初めて。
これが封切られた1979年は、まだ小学4年生。
それまでは親が連れていってくれる映画しか
映画館で見たことがなく、
自分で映画に行くようになったのも
1981年の劇場版ガンダムからなので、
この作品を初めて観たのはテレビ放送だった。
以来、再放送は必ずチェックし、
何度もレンタルで借り、DVDも買って、
内容は完璧に知ってたけれど、
一度この作品を映画館で観ておきたかったのだ。

結果…やっぱり面白かった!

正直なところ、
大スクリーンで観た感動は
思ったほど大きくはなかったのだけど、
大画面でも間延びしない演出に、
これが映画として作られた作品だという事を改めて痛感。
もちろん、今のアニメに比べれば線も少ないし、
HDリマスターといっても画は荒い。
けれど、
一見シンプルに見えて緻密に計算された画面構成と、
さりげない情報量の多さが、かえって上品な印象を生んでおり、
ストーリーの良さとあいまって、この作品の良さを再認識できた。

人気作であるのとは裏腹に
ルパンファンにはルパンらしくないと言われたり、
宮崎アニメファンには別物扱いされたりする事もあるけど、
僕は一本の映画としてこの作品が大好きである。
そして、ルパンらしくもなく純粋な宮崎アニメとも言えない、
そのあいだにある絶妙なさじ加減こそが
広く皆に愛されている理由ではないかと思う。

きちんと作っているものは、誰かがきちんと認めてくれる。
自分もそういう作品を残せるよう顔晴りたいと
改めて思うのでありました。


スポンサーサイト

Entry

Archives

Category

Link

Search

Profile

Feed

Others

Sponsored Links

Mobile