main  << >>
剣劇団 憶流四十六派
この名前を憶えてますか?
5年ほど前に僕が座長を務めた
ワークショップを兼ねた1年間の期間限定劇団の名前です。
僕はこの憶流(おぼえりゅう)というチーム名がとても気にいっていて、
発砲をこの名に改名しようかと一時期真剣に考えたこともありました(笑)。
上演した作品も「仮面ニンジャー」というオマージュたっぷりなタイトルで、
文字通り戦国を舞台に展開するズバリきだ版仮面ライ○ーでした(笑)。
ああ、あの芝居またやりたいなぁ。
で、昨日はそのメンバーの飲み会があったんですが、
46人いたメンバー全員が集まることはさすがに難しかったらしく
来られるメンバーだけのささやかな飲み会でしたが、
楽しい一時を過ごしました。
ワークショップやENBUゼミなど
様々な場所でクラスやチームを受け持ったことがありますが、
メンバーのその後はいつも気にしているので
こうして久し振りに会って近況を聞けるのはすごく嬉しいです。
今回の四十六派のメンバーもさすがに5年もたつと
メアドや携帯番号が変わってたりする人がいたりして
連絡がとれなくなっている人もかなりいたみたいですが、
気が向いたら劇団事務所の方にでも近況報告ヨロシクです。
さて、そんな懐かしの再会の場に現れたこの二人…



毎晩飲み歩き男・森貞文則&ナイトメアことイッチー・市川裕介。
何乱入してんだよッ!って感じですが、
いえいえこの二人も憶流四十六派の立派なメンバー。
憶流の公演ではイッチーは主人公のライバル役を好演。
仮面ライ○ーでいうところの2号ライ○ー・一文字隼人のポジション。
ワークショップの助手として付き添い最後の公演にも出てくれた貞は、
仮面ライ○ーでいうところ○ョッカー大首領の役。
最後は46人にボコボコにされてしまう役でした(笑)。
けど貞もこの役を好演してくれて、
きだ的には貞アクトベスト3に入るカンジです。
貞はね、悪役向きなんですよ、本当は。「オス!」の時もユウ役もよかったし。
なんだか最近「ジューゴ」の不器用カワイイキャラ・クワバラで
貞の人気が急上昇しているみたいですが、いやいや。
女性ファンのみなさん、ヤツはワルですよ、ワル。
騙されちゃあいけやせんぜ(笑)。

スポンサーサイト

Entry

Archives

Category

Link

Search

Profile

Feed

Others

Sponsored Links

Mobile